ついに登場!1台で11種類のゲームができる至高のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

突然ですが、時折、スーパーファミコン(SFC)版の「ゼルダの伝説神々のトライフォース」や、「ロマンシングサガ(ロマサガ)シリーズ」などの懐かしいゲームをプレイしたいという衝動に私は駆られることがあります。
とはいえ、随分と昔にゲーム機本体を処分してからというもの、実際に本体を買い直してPlayするまでには至らず、YouTube動画などを見てはPlayした気分になって満足するといったことを繰り返してきました(便利な時代になりました)。
そんな営みを繰り返す中、インターネット上で最近見かけたニュースで、
神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
的なものを発見してしまいました。
それが、本日の記事の表題にあるレトロゲーム互換機「レトロフリーク」なのです。

1台で11種類のゲームソフトに対応

「レトロフリーク」は、株式会社サイバーガジェットから発売予定のファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ他、全11種類のゲーム機用ソフトウェアを接続して遊べるレトロゲーム互換機です。
これ1台あれば、懐かしのゲームが色々出来てしまうなんて、まるで夢のようです。

高品質な映像と音声

このレトロフリーク、11種類のゲームが遊べるだけではなくて、更に嬉しい特典付きです。
「HDMI(デジタル接続)」出力が可能になった結果、アナログ接続だったレトロゲーム機本体と比べて高品質な映像と音声でゲームを楽しめるようになるとのことです。

レトロフリークの今後の発売スケジュール

レトロフリークについて2015年3月09日時点で分かっている情報では、「2015年春発売予定」ということだけです。
価格機能などの詳細は今後公式サイト公式Twitterなどで発表される予定となっています。
ゲーマーのみなさまには嬉しいニュースだったのではないでしょうか。期待のゲーム互換機の今後の更新情報に是非、ご注目ください。
今まで、見送ってきたゲームを再びプレーするきっかけになるかもしれないと、私も楽しみにしています♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*