あなたは大丈夫?若者に増加する無関心、その兆候が「無気力症候群」かもしれないわけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なんとなくやる気が起きない、モチベーションが上がらないという症状が日々続いている、どんなことに対しても無気力・無関心になってしまうといった20代前後の若者が最近増加傾向にあるそうです。
こうした症状を「無気力症候群」=「アパシー・シンドローム」といい、仕事や勉強といった本来やらなければいけない本分に対して目標を失ってしまうことが原因で引き起こされる無気力・無関心を指す心の病とされています。

無気力症候群の症状

この無気力症候群は、精神疾患のうつ病とは異なり、ある程度の健康状態にも関わらずやる気が起きない、覇気がない状態を指します。本来すべき与えられた義務からは逃避してしまうにも関わらず、それ以外のこと、自分の趣味や好きなことなどには当たり前のように活発に活動しているという特徴があります。
そのため、鬱病のように、「不眠」、「気分の落ち込み」、「焦燥感」といった症状がみられません。それどころか、本業以外のことに対しては積極的に活動しているので、自覚症状がないのは勿論、他人から見ても無気力症候群であることに気付かないということが日常的に起こっています。
仮に、なんとなく気付いていても、「嫌なことから逃げたくなる時もある」ぐらいにしか思わず、治療という発想にすら至らないケースがほとんどです。

無気力症候群になりやすい人

一般に鬱病と同じく、生真面目でプレッシャーを感じやすく、気分転換が苦手な人がなりやすいと言われます。
そういう人達は、目標や与えられたことに対して責任感を強く感じ、それが大きなプレッシャーとなります。そして、義務を果たそうと気分転換もそっちのけに、ひたすらその目標だけに向かって誰よりも頑張り、真面目に取り組みます。そして、やがて目標達成に至ると、強いプレッシャーから解放された反動で、無気力に陥ってしまうのです。
特に、「親や教師に言われるがまま育った」、「上司から仕事や目標を常に与えられてきた」のような、自分の意思で目標設定をしてこなかった人は注意です。いざ一人になってしまうと、自力で目標を持てず、気力やモチベーションが保てなくなってしまう予備軍であるからです。

無気力症候群の予防と治療

治療は薬物ではなく、カウンセリングが中心です。自覚症状がなく、周囲からの気付きも期待できないという性質から、自分がどんなことにストレスを感じて、何に悩んでいるかという原因を知ることが重要なポイントなるからです。原因を判明させ、その根っ子を取り除く治療が必要とされます。
治療の話から入りましたが、どんな病気に対してもそうですが、治療に至る前に、予防できるものは、予防することが大切です。
無気力症候群の予防には、「常に変わろうとする気持ちを持ち続けること」が有効です。それが無気力状態の回復・予防へとつながります。
なぜなら、現状からの変化を常に臨む限り、自身の過去や現在を振り返り、自身を変えるために必要な目標を自然に立て続けることができるからです。
無気力症候群が「目標の喪失」によってもたらされるのであれば、目標が枯れないように工夫したらよいという考え方は、理に適った方法です。

まとめ

人としての性質上、根本的に変わらないものがあるにしても、時代に合わせて流行が変化するように、そこに在り続ける限り、私たちは常にその変化を受け入れて生きていくものです。その変化に合わせて私たちが目標を持つからこそ、気力を保てている一面が少なからずあるはずです。
いつの時代、どこの場所でも、誰がなんといったとしても、何が起こったとしても、人が人であることに変わりはありません。一人ひとりの心のエネルギー量によって、その人の個性という輝きが違ってくるだけです。
もし、いきいきと輝きたいという気力、どんなことにでも挑戦したいという好奇心、他人や未知への興味といった心の栄養不足を感じたら、それは「無気力症候群」の入口に足を踏み入れてしまったからかもしれません。
まさに「病は気から」で、若者に増え続けるこの病も然りです。モチベーションを保つためには、前向きな気持ちでいることが大切です。
もし、何かに思い悩んでいたら、一歩踏み出す勇気を持って前に進んでみることをおすすめします。その結果が良かったか悪かったかは結果論に過ぎません。
大事なのは、その事実に向き合い、気持ちにひとつの区切りを付けて、次の目標に向かうことです。そうすることで、心にエネルギーが循環します。そして、やがてそれが実を結び、花を咲かせるのです。
自分が幸せで、いつも笑顔でいれたら、それは誰かに必ず伝染します。幸せの連鎖が続いていくように、日々目標を持ち続けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください