これぞ極意!「ブログの集客術」は成功例に学ぶが最短距離と心得る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サイトやブログを運営している管理者なら誰もが直面するアクセス数の壁。
そんな時の一番の参考書は、集客数が多いサイトに他なりません。
「人気ブログに共通すべきことは何なのか。」
この命題の核心こそが集客の極意であって、究極の真理になるはずです。そこで本日は、人気ブロガーの記事から感じた3つの共通点を下記にまとめてみました。

1.魅力的な記事タイトル

人気ブログでアクセス数を伸ばすコツについて記事にされる時に、必ずといってポイントにされるのが記事タイトルです。
そのことを分かりやすく説明していた記事(外部リンク)が、

の2つの記事です。
広告やポスターという身近な販促物に、今も昔も変わらずに使い回されたような「キャッチコピー」が使われていることを考えると、如何に記事タイトルが重要かがお分かりになるかと思います。
ここが目を引かないと、ただのありきたりな風景と一緒です。
興味を持ってもらえない結果、アクセスにつながりません。

2.読みやすさへのこだわり

上位のブログランカーの記事の書き方に着目した時、
その多くに共通していた項目7つを挙げてみます。

  1. 難しい用語は分かり易い表現に置き換える
  2. 数値、グラフ、引用等を用いて信憑性を持たせる
  3. 視点、発想、感想等にオリジナリティがあって、希少性を追求している
  4. 断定や予想は最小限にして、言い切る
  5. 一文を短く端的に短くまとめる
  6. 「、」か「。」が一つから二つくらいになったら改行。長くても3行位で段落をまとめる
  7. 「記事タイトル」→「導入文」→「小見出し」→「コンテンツ」→「小見出し」…、最後に「まとめ」といったレイアウト

これらには、読み手の「知りたいこと」が、「分かりやすく」、「端的」に、「ピンポイント」で伝わらなければ、無駄で価値の無い情報に過ぎないという根拠があり、文書構成に工夫がなされていて当然といえます。逆にいえば、読み手の立場になっていないブログは支持されないということがいえます。
では、読み手から支持される魅力ある文章とはどうしたら書けるのでしょうか。答えは単純明快です。読み手によって「不朽の名作」と評価され、時がたっても色褪せない文章に慣れ親しむことです。
どれだけ多くの名文にふれ、どれだけ多くの名文と慣れ親しみ、どれだけ多くの名文から感銘を受けたか、この経験値が髙いほど、名文が持つ特性を活かした文章に近付けると心得、文章力を日々磨き続ける努力が必要不可欠です。

3.記事を書き続ける意思

人気ブロガーがアクセスに伸び悩んだ経験と、それを打破するまでの試行錯誤について語ることは珍しいことではありません。何度も失敗して、何度も躓きながら、今の成功に至ったからこそ、読者に感謝を現す記事が書けるのです。
記事を書き始めたばかりの頃は誰もが初心者です。失敗も多くて当たり前。直ぐに成果につながらないからといって、そこで諦めてしまっては全てが終わりです。そこで諦めてしまうか、それでも書き続けるか。成功と失敗のたった一つの別れ道がここになります。
何も知らない時にした失敗には、自分自身の本質が沢山詰まっています。とても価値のある失敗です。その荒削りな原石を磨き続ける努力を惜しまず、日々の積み重ねを経て、多くの人の目に記事がふれることによって、初めてブログに個性が生まれます。
イメージしてみてください。
人も歳を重ねて経験を積むことで成熟します。
植物も厳しい自然環境を乗り越えてやがて綺麗な花を咲かせます。
大河も、高き山の小さな流れを源流に、やがて大きな流れになります。
一朝一夕で成就してしまうことは稀なことに過ぎません。
苦労して辿り着いたゴールでなければ情も湧きません。
努力無しに技術は身に付きませんし、良い経験も積めません。
結果を出すには、意思(石)の上にも3年、PDCA(Plan Do Check Action)をひたすら繰り返し、初心を忘れずに前進し続ける覚悟が必要で、そこにプロのブロガーとしての資質が問われます。人気ブロガーの方々が現在の不動の地位を築き上げた本質は、原点回帰に帰結するのです。
最後に、いずれ沢山の方の目に記事がふれた時に、多くの人にとって「役立つ」・「嬉しい」・「共感する」記事、つまり良質な記事を書き続けていくこと、これこそが一番大切なポイントであると気持ちを引き締めて、記事を終えたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください