改めて振り返っても「濃い」と思う、LINEスタンプ「もっと私にかまってよ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2014年05月08日に始まった誰でも自作スタンプを販売できるプラットフォーム「LINEクリエイターズマーケット」で発売され、話題になった一般の会社員・森もり子さん作のLINEスタンプ「もっと私にかまってよ!」のニュースを久しぶりにネットで見かけました。
その記事が、「ねとらぼ」の「返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ」の秘話を作者に聞いてみた 売り上げは「パリ5日間の旅に行けるくらい」になりますが、改めて記事を見直すと、「濃いなぁ」の一言しか出てきません。「恋心」というより、本当に「濃心」・・・。こんなメールが着たら重たくて鬱になりかねません(^_^;)
当時、男性版を作るといった話題もありましたが、森もり子さんのウェブサイトには、まだ男性版に関する更新情報はありませんでした。いつか、新作が出た時、どんな仕上がりになるのかとても気になるところです。
ところで、話題は変わりますが、「バリ島旅行にいけるくらい」で思い出しましたが、最近、いつでもつながるSNS疲れから、電波の届かない離島旅行へいくことが密かなブームでもあるようです。
JTB総合研究所(東京都千代田区)が10月発表したスマートフォン使用についての調査では、フルタイムワーカーを中心に「SNS疲れ」ともいえそうな現象がみられたという結果が得られたそうで、「圏外」を買う時代になっているんだそうです。携帯電話すらなかった時代に「どうしてこうなった」的な世界を誰が予想できたでしょうか。
「デジタルデトックス」なんて言葉も生まれるくらい、世の中疲れているのだとしみじみと思いました。つながる安心もあれば、つながらない解放感もあるというだけのことかもしれませんが、何にも縛られない自由な日を満喫するのもストレス解消にはとても良さそうです♪
産経新聞デジタルで2015年1月30日に報じられた「スマホ依存者は日常生活に不満 見知らぬ相手との交流「楽しい」」という記事によると、スマホ依存でSNSをする若い世代では、日常生活に不満がある割合がとても高いそうです。顔が見えないからこそ、心の中にある本音が出やすく、「仕事や学校での愚痴」だったり、「プライベートのネガティブな言葉」だったり、「人間関係での批判・文句」が出やすいのかもしれません。その一方で、「SNS体裁問題」が話題になったように、他人を意識して自由な投稿ができないといった人も多いらしいですし、こんなことを繰り返していたら疲れるのも納得です。
そういったことからも、ゲームでよく「LVを上げて物理で殴れ」が究極最高と謳われるように、仕事で金銭値を上げて「つながらない環境を物理的に手に入れる」ことこそ至高だといえるのかもしれません(「美味しんぼ」の究極と至高の対決みたいな書き方ですね・・・汗)。
漫画といえば、「MAJOR(メジャー)」が、3月から「週刊少年サンデー」(小学館)で5年ぶりに続編をスタートさせるみたいです。好きな漫画ですし、アニメも見ていましたが、綺麗に終わった感があるだけにどんなストーリーになるのか想像もつきません。
今回はLINEの話題、スマホ・SNS事情、漫画と色々な雑記になりました。本日は日曜日。相変わらずの寒さが続いていますが、風邪などひかぬよう、体調面には十分にお気を付けになって、最後まで良い週末をお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください