迷惑メールの防止対策と対処方法、「本人認証サービス」三菱東京UFJ銀行を装うフィッシングメールにご注意を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィッシング対策協議会から、「個人情報を盗む」目的として三菱東京UFJ銀行を語るメールが出回っていると注意が促されています。そこで、今回は、1.「フィッシングメールの概要」2.詐欺メールの被害に遭わない為の「防止対策」3.迷惑メールが届いた時の「対処方法」、の3つのポイントについて記事にまとめさせて頂きます。

1.メールの概要

今回出回っているメールは「本人認証サービス」という件名で、「三菱東京UFJ銀行システムがアップグレードされました...」といった内容となります。

三菱東京UFJ銀行の対応

三菱東京UFJ銀行からは電子メールでパスワードの入力をお願いすることはないとしています。情報を入力しないよう訴えています。

2.フィッシング被害に遭わない為に気を付けたいこと

三菱東京UFJ銀行のWebサイトと偽のサイトはよく似ており、見た目では判別しにくくなっている為、誤ってクリックしないようにしてください。そこで、今回の件に限らず、私たちが日頃から気を付けたいポイントをを幾つかご紹介させて頂こうと思います。

心当たりがないかを思い浮かべる

悲しいことではありますが、携帯電話、PC等、インターネットに接続できる環境さえあれば迷惑メールが出回っていることが日常茶飯事となっています。「届いているかもしれない」という意識を常に持って、心当たりがないかどうかを考える癖を普段から着けるようにします。

メールの送信元アドレスを確認

迷惑メールに使われる送信元メールアドレスには、不自然と思われる、明らかに変なメールアドレスが使用されていることがほとんどです。金融関係や、個人情報に関する情報を提出している機関が使うメールアドレスを、契約前後に一度必ず確認しておくのも賢い方法です。

アドレスを安易に公開しない

ネットコミュニティに参加する為といって掲示板に安易にアドレスを公表したりしない、ホームページ上のお問い合わせ先の表示の為に直接リンクをしない(メールフォームの機能を使う)といったことや、メールアドレス収集目的の無料懸賞サイト等に安易に登録しないことも大切です。
まだまだ、注意したい項目は沢山あります。公的機関が資料として公開している利用者が注意すべきこと(PDF:財団法人・日本データ通信協会)を参考に、事前に迷惑メール対策をして詐欺の被害に遭わないように心掛けたいところです。

3.迷惑メールが届いてしまったら

万が一迷惑メールが届いたときは、まず第一に、なんといっても冷静な対応を心掛けて、「開かない」・「クリックしない」に徹することです。迷惑メールのフィルターに掛けて対処したとしても、ドメイン(@~の~の部分)を変えずに、メールアドレスを変更したりなどして、あの手この手でメールを再送信してくることも多い為、念のため防止フィルターに設定しつつ、怪しいと感じたメールは開かずに機械的に消してしまいましょう。開封確認を伴うメールだった場合、「いきているメールアドレス」という判断材料を業者に与えてしまうのみならず、ウィルスが添付されたメールだった場合、2次被害、3次被害に遭うことも考えらるからです。特に、許可サイトからのメール以外は、最初から画像を読み込まないようにしておくのも、ウィルス対策には有効です。
また、とても不快な気持ちになるのも当然のことではありますが、感情的になって返信をしないのが得策です。どうしても困ったと思ったら、総務省が公式に公表している「迷惑メール対策」を参考に、公的機関である「一般財団法人日本データ通信協会」まで情報を提供をしたり、電話相談をするといった対応を取ることも可能です。
インターネットの利便性がますます良くなる一方、それに伴ってサイバー犯罪が増加の一途を辿っています。それに伴って、「自己責任」という言葉で様々な事柄が解決されようとする傾向も強くなっているように思います。「自分を守るのは自分」という意識を持って、節度を持ってインターネットの利用をして、楽しいネットライフをお過ごしください(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください