眠れない夜には心地よい眠りへ誘う美しい旋律(リズム)を奏でるクラシック音楽が効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ストレス社会といわれている現代の日本社会の中で、悩み事を抱えていたり、考え事をしていたり等が原因で寝付きが悪い、良く眠れないといった方々も多いことと思います。そんな時に効果的とされているのが、モーツァルトやバッハ等のクラシック音楽や、雨音や波の音、森の音等をテーマにしたヒーリングミュージックです。クラシック音楽では、特に「弦楽器」が良いとされています。
人が生体活動を正常に保つためには、1日6~8時間の睡眠が必要とされていて、睡眠の質が悪い、生活のリズム=生体リズムが乱れている等といったことがあると、全身にだるさが残ってやる気の減退が生じたり、集中力が欠けてしまったり、記憶力が低下してしまったりとマイナスの効果が多く生じてします。そうならない為に、良質の睡眠を取りたいものです。
良い睡眠をとるためには、ストレスを軽減し睡眠を導く規則正しい生活習慣を送ることが大切だとされていて、それを助けてくれるのが、クラシック音楽だったり、ヒーリングミュージックになります。それらに共通する特徴として、①連弾が多く、変調などが少ないといった一定のリズム、②高周波音、③心拍安定、不安解消等の癒し効果を与え心のリズムを整えてリラックスさせてくれるといったものがあります。
では、具体的にどういった曲が安眠をもたらしてくれるかですが、記事の冒頭でふれさせて頂きましたが、一般に、モーツァルトや、バッハ(他にも沢山ありますが)といった作曲家の曲が良いとされています。モーツァルトでいえば、ウィーン大学の研究チームやハーバード大学等複数の研究機関、ドイツ連邦教育省等から科学的根拠がないという検証結果が証明されたものの、ウィーン大学の研究チームからは「モーツァルトでなくとも、音楽による刺激が脳のパフォーマンスに影響することはすでに十分知られている」という結論付けが2010年にされているそうです。
私も寝る前にクラシック音楽をよく聴いているのですが、リラックスできて良いと思う曲を敢えてひとつだけ挙げさせて頂くと、バッハ「G線上のアリア」 Bach Air on G String がお勧めです。大変有名な曲なのでご存知の方も多いと思います。曲名だけではわからないといった方も、試聴して頂くとすぐに聞いたことがあると思われるのではないかと思います。機会がありましたら是非、試聴してみてください。
心身共にリラックスして日々良い眠りに落ちて、毎日の寝覚めが良いものになるように願って本日の記事を締めくくりたいと思います。最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*