YouTube動画作者と広告収益をシェア、任天堂アフィリエイト運用開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

任天堂ゲームのプレイ動画などYouTubeに投稿された動画について、広告収益を動画作者とシェアする「Nintendo Creators Program」がβ版として2015年1月28日から開始というニュースが各種メディアを通じて発表されました。
任天堂の二次創作に対する動きは既に昨年から活発で、ニコニコ動画では「公式二次創作」を許諾、YouTube動画について「以前より、不適切なものを除いて正式に許諾している」ことを公式に明らかにしていて、ゲーマーにも、任天堂にも嬉しい環境がどんどん構築され続けています。
「Nintendo Creators Program」とは、同プログラムに作者がチャンネルや動画を登録することで、広告収益の一部が作者に還元されるシステムで、そのシェア比率はチャンネルが70%、動画が60%になるそうです。Googleアカウントでログインし、収益はPayPalで受け取る(米ドル)仕組みになっていて、動画には、同ライセンスに参加していることを示す指定の文言を掲示する必要があるとのことです。
今回のようにユーザーと企業の両者に良い効果をもたらすwin-winの関係を築くような企業活動なら、大いに盛り上がって欲しいと思います。ゲームを自分でプレイするだけが楽しみではなく、見たり、聞いたり、そのゲームの話題で会話をしたりとゲームに対する楽しみ方は人それぞれですし、二次創作というジャンルへの可能性が広がったことは喜ぶべきことと思います。
アニメや漫画を自分なりに二次創作したいという方も沢山いると思われますが、著作権等の問題があって、参入障壁が高いことも事実です。こうした背景の中で、大手企業がこういった動きをすることに大きな意味があると思います。東方プロジェクトのように盛り上がったら、任天堂を追従するような動きが活発になるかもしれません。
目を輝かせて夢中になって遊べる、ワクワクするようなゲームが今後も世の中に沢山生まれて欲しいと願って止みません。楽しいゲームライフが続くことを期待します♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください