ちょっとお役立ち!?「Word」、「Excel」等で使える超簡単テクニック集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は、気まぐれ記事です。知っている人は知っているといった『便利なのに簡単に使えるテクニック』をご紹介したいと思います。主にワードエクセルパワーポイントで使えるテクニックです!
まずは『各ソフト共通』で使えるテクニックです。

図形のレイアウトの微調整
図形を選択して「実線」の枠線が出た状態にします。その状態で方向キーを押します。押した方向に少しずつ移動ができます。これで図形位置の微調整が飛躍的に簡単になります。
図形同時複数選択
「Ctrlキー」を押しながら任意の図形を全てクリック。この機能は複数同時コピーにも対応しています。下記の垂直・水平移動にも対応しています。
図形の垂直・水平移動
「Shiftキー」を押しながら移動します。それだけで簡単に90°の方向に移動出来てしまいます。
正円・正多角形の書き方
「Shiftキー」を押しながら描くだけで簡単に作成できます。作成後の大きさの拡大縮小にもシフトキーは有効です。縦横比率を保って描画するための機能となります。
置換機能
定型文書等で2014年となっているものを一回の操作で全て2015年に変えたいといったような時に、使える機能です。検索する文字列に「2014年」。置換後の文字列に「2015年」と入れて、「すべて置換」を押すだけです。該当箇所を一つずつ確認しながら置き換えていくことも可能です。
図形のコピー
図形の垂直・並行移動の要領で「Ctrlキー」を押しながら移動すると簡単に複製できます。右クリックコピー→右クリック貼付けよりも簡単です。更には、「Shiftキー」も同時押しすると垂直・水平方向にコピーできます。このコピー方法は、文書ファイルのコピー操作でも有効です。
書式のコピー・貼り付け
小見出しの色、大きさ、フォントの種類等を統一して使いたい時に、コピーして貼り付けた文字を打ち直したり、それすら知らなければ該当箇所に一か所一か所同じ操作を繰り返さなければなりません。そんな時に使える機能です。コピーしたい文字列を選択。「書式のコピー/貼り付けボタン」をクリック。アイコンが筆マークになったら適用したい文字列を選択するだけです。「書式のコピー/貼り付けボタン」を押す時にダブルクリックをすると連続操作が可能になります。(終了する時はキーボード左上「ESC」を一度押すだけです)

次に『Excel』でお役立ち

グラフ・図形を綺麗に配置
「Altキー」を押しながら移動すると簡単に解決できます。
セル選択のバリエーション
「Ctrlキー」を押しながら選択すると飛び飛びのセルの選択が可能です。「Shiftキー」を押しながら2地点を選択すると連続データが全て選択可能です。選択したセルの書式全てを変える時などに便利です。

最後に、知っていると役立つ『ショートッカトキー』についてです。

ひとつ前の操作を繰り返す(戻る)
「Ctrlキー」と「Y」キー同時押しでひとつ前の操作を繰り返します。「Ctrlキー」と「Z」キーを同時押しでひとつ前の操作に戻ります。「Ctrlキー」と「Z」キーで戻りすぎてしまった場合には「Ctrlキー」と「Y」キー同時押しで戻す前の操作に戻ります。
コピー(切り取り)・貼り付け(コピペ)
コピーしたい文字列を選択。「Ctrlキー」を押しながら「C」でコピー、「X」で切り取り。「Ctrlキー」を押しながら「V」で貼り付けです。
アプリケーションを閉じる
「Altキー」と「F4」キーを同時押しになります。
インターネットの画面を更新
画面上で「F5キー」を押すだけです。

と、まだまだ役立つ便利な機能は満載ですが、自分自身がよく使う機能を紹介させて頂きました。
よかったら参考までにお使いください(*^_^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください