人気絵師による“萌え”年賀状 日本郵便にて初の試み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年の瀬を迎えるに連れ、気になるものの一つに年賀状があります。その在り方は、その時その時の時間軸で変わるものと思いますが、今年、私が目に留めたものに『萌え年賀状』なるものがあります。
2014年12月11日のITmedia ニュース の記事に、日本郵便が無料公開している年賀状素材のテンプレートに、萌えイラストが含まれている(引用元:日本郵便が初の“萌え”年賀状 人気絵師に依頼、「既存デザインでカバーできない層を」)という話題が掲載されました。
漫画・アニメといった、いわゆる二次元世界での表現方法の一つに『萌え』という要素が使われていたものが、今回のように郵政事業の中に登場するだけではなく、『ご当地アニメ』、『ゆるきゃら』のような形で既に町興しの一端を担っていることからも、日本を代表する文化がここ最近国内で注目を浴びているように感じます。海外で高い評価を得る日本の芸術が国内で見直されていることに賛否両論はあるかと思いますが、個人的にはとても良いことだと思います。
と、少し余談が入ってしまいましたが、来年に向けて個性的な年賀状を送って新しい一年を迎えるのもまた一興かもしれません。機会があれば是非お試しください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください