春のイメージといえば/新着アンケートのお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

真冬の寒さも峠を越し、3月となりました。まだまだ時折寒い日も訪れますが、三寒四温の言葉のように穏やかな日差しが差し込む日も増えてきたように感じます
3月といいますと、桃の節句として定着しているひな祭りに始まりまして、卒業などの人生において節目になる重要なイベントも行われます。日増しにという季節の色合いも濃くなるこの時期ですが、春といいますと、人それぞれ千差万別のイメージを思い浮かべるのではないかと思います
、梅、菜の花などの花々、出会いと別れ(卒業、入学、入社、転勤、人事移動など)、花粉症、お花見、期待と不安、春休みなど、代表的なイメージを挙げていきますと、春という季節が如何に私たちの心の中に深く根付いているかについて確認することができるような気がします
当サイト、アンケートデコメでは、季節の話題を期間限定のアンケートと致しまして、時節の節目ごとにお伺いさせて頂いておりまして、今月、2011年03月01日(火)より春のイメージといえばのアンケート投票を開始致しましたので、ここでお知らせをさせて頂きます
同時に、先月02月28日(月)一杯で締め切らせて頂きました、「冬の予定/過ごし方」のアンケートを、過去の投票結果へと転載致しましたので、同アンケートやそれ以前に行われたアンケートの結果をお調べになりたい場合には、リンク先のページをご覧頂けましたらと思います
お知らせは以上となります。当月も姉妹サイト共々何卒よろしくお願い致します
最後に、少し早いですが、今月ご卒業という門出を迎えるみなさまにお祝いの言葉をお伝え致しまして、本日の記事の終わりとさせて頂きたいと思います。
「笑顔でまた会おうね」 と、約束して別れを終えて旅立ちを迎える方、涙が枯れるまで泣いて思い出を強く胸に刻んで次の一歩を踏み出す方、沢山の人と人の強い想いが最後に輝く場所だからこそ卒業式は忘れることのできない大切な一日となると思います
笑う角には福がくるという言葉のように笑顔で迎えた門出には素敵な出会いが待っていると思います。雨上がりの爽やかな晴れた日の青く澄んだ大空に綺麗な虹の橋が架かるように、涙の後にはスッキリと晴れやかな気持ちと、これから進む明日へと続く道に輝く未来への架け橋が架かることと思います
これから先、沢山の時間が経った後に、共に笑い、共に泣いた仲間たちと学び舎で過ごした日々が良き思い出だったと懐かしめるように、これから(卒業してから)始まる人生という目の前に広がる物語の道を一歩一歩しっかりとした足跡を刻みながら進んで行って下さい
決して平坦で楽なことばかりではありませんが、その経験がいつかきっと「幸せ」という形となって実を結ぶ日がくると思います。辛いときに楽しかったときのことを思い出して、次に笑顔を掴むその瞬間まで駆け抜けて下さい。苦しいときに走り続けた先に得るものがきっとあると思います。
苦労せずに手に入るものよりも、辛くても頑張って手に入れたものには何倍も大きな価値があります。うまくいかなくても、それは止まない雨がないように、ずっと続くことはありません。立ち塞がる壁はいつか乗り越えられます。時間はどんな時でも止まることなく流れて行きますので、悔いを残さないように今できるベストを尽くして頑張って下さい
ご卒業、おめでとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*